業務の効率化は社内チャットが必要不可欠!精神的な負担が少なくなる

最新記事一覧

電話対応を効率化

オフィス

受ける時とかける時

会社と顧客とのコミュニケーションツールとして長らく使われているのが電話です。今はコンピュータやインターネットを使ったコミュニケーションが多くなり、さらに固定電話よりも携帯電話の利用が多くなっています。ただ、ビジネスにおけるやり取りはまだまだ固定電話が活躍しています。電話をかけたり応待したりしますが、業務によってはもっと効率化できる部分があるかもしれません。また、対応の仕方では売上アップにつながる可能性もあります。会社で利用されるシステムとしてCTIがあります。電話対応を効率化するためのシステムで、一般的にはコールセンターを持つ職場などで導入されています。CTIシステムを通じてかかってきた電話では、相手の情報を取る前に知ることができます。誰からかかってくるのかが分かれば、事前に応対の準備ができます。初めてかかってくる顧客に対しては新規の登録がスムーズに行える画面が表示されます。情報が蓄積しやすくなり、売上アップにつなげられるかもしれません。CTIシステムには別の利用方法もあります。それは、こちらからかけるタイプのCTIシステムです。顧客に何らかの案内を行うとき、通常は自分で選んで自分でかけます。それをかけるところまで自動的に行ってくれます。両者ともにCTIシステムですが用途は大きく異なります。その他電話の内容を自動的録音してくれる仕組みであったり、顧客ごとに特定のオペレーターにつながる機能があります。自社の電話業務に応じたシステムを選ぶと良いでしょう。

Copyright© 2018 業務の効率化は社内チャットが必要不可欠!精神的な負担が少なくなる All Rights Reserved.